保湿に加えて筋肉をほぐすことで、ほうれい線を防ぐ

保湿に加えて筋肉をほぐすことで、ほうれい線を防ぐ

30代に入ると、ほうれい線に悩む女性もいると思います。

 

 

20代はお肌の曲がり角とも言われますが、30代は徐々に老化が目立つ年代です。女性にとっては恐怖です。20代は独身だったりして、自分の美容にもお金をかける余裕がありますが、結婚し、家計を管理するようになり、妊娠・出産を経て自分のことにはあまりお金も時間もかけられないという状況になり、そのために老化が目に見えて進んでいるように感じる、ということもあるでしょう。

 

ほうれい線は女性にとっては大敵です。それを防ぐために、顔はしっかり洗って、尚且つしっかり保湿しましょう。肌が乾燥してしまうと、ほうれい線ができやすくなります。また、ほうれい線をそもそも作らないようにするために必要なのは、口をはっきり動かして喋ることです!口をはっきり動かして喋ることで、ほうれい線ができる周りの筋肉がほぐされます。

 

 

保湿に加えて筋肉をほぐすことで、ほうれい線を防ぐことができるのです。日本語はあまり口を動かさなくても喋れる言語ですが、あまり口を動かさないと筋肉が一切動かないということになります。そのため普段から口をはっきり動かすことが大切です。もしなかなか口を動かせないと思う場合は、夜、お風呂上りにでも口を動かし、筋肉のマッサージをしましょう。

 

また、30代女性は化粧をする機会も多いと思いますが、その化粧をしっかり落としましょう。

 

 

忙しくて化粧を落とす暇もない、疲れすぎて、家に帰ったら化粧も落とさずに寝てしまう、なんてとんでもないことです。それは肌の老化を進めているだけだと思いましょう。それは肌を乾燥させ、さらに毛穴に汚れが溜まっていきますので、ほうれい線もできやすくなるし、肌にもよくありません。化粧はしっかり落として毛穴の汚れを除去し、顔の保湿を忘れないようにしましょう。

 

 

さらに、意外と寝ている間は肌が乾燥します。そのため、ほうれい線が気になる場合は寝る前にベビーオイルを顔に塗ると良いです。ベビーオイルは乾燥を防いでくれます。寝る前に薄く塗るだけで、肌の調子が良くなります。