敏感肌の方には固形石鹸をおすすめしたい理由

敏感肌の方には固形石鹸をおすすめしたい理由

世の中には「保湿成分配合」の洗顔料やボディーソープがたくさんあります。洗うだけでボディークリーム要らずなほど、しっとりさせてくれる優れものも。

 

 

しかし、今回のお話は「石鹸」がキーワード。そうあの、昔ながらの固形石鹸です。(おすすめはシャボン玉石けんです)私は今、美肌を目指して洗顔料もボディーソープもやめ、石鹸へと切り替えました。すると以前のような妙な肌荒れ(乾燥・かぶれ・ニキビ)が減ったのです。なぜでしょうか?なんと、肌荒れの原因は「添加物」だったのです。多くのボディーソープや洗顔料は<合成洗剤>と呼ばれるもので、石油や天然油脂を原料に、合成界面活性剤を入れて化学合成をし作られています。

 

 

その合成界面活性剤が入ったものを肌に触れさせているので、刺激があり、たとえ潤い成分があっても荒れてしまっていました。しかし、石鹸のほとんどが天然油脂に苛性ソーダ・苛性カリを加えて中和させて作られています。それ以外のものは入っていません。なので刺激が少ないのです。(香り付きには香料が入っているものもありますが)そして何よりのポイントは原料の「天然油脂」です。

 

 

天然油脂の保湿成分が残ったまま自然に固まってできたものが「石鹸」なのです。なので、天然油脂の保湿成分が肌に残りつつ、日中の汚れや化粧品の油をしっかりと洗い落としてくれます。そのフラットな肌に戻ること、が、美肌にはとっても大事でした。今まではお風呂上がりにボディークリームを塗っていましたが、石鹸に変えてからはあまり必要に感じなくなりました。

 

 

それどころか、お尻のザラザラや二の腕のポツポツが目に見えて減りました。石鹸の保湿成分だけで、あとは皮膚本来の油で美肌を保てるようになったんだと体感しました。顔も石鹸の良さを体感してからは、石鹸で落ちるメイク用品をメインに変えました。それからは季節の変わり目に荒れたり、生理前に出る吹き出物やニキビも圧倒的に減りました。刺激が減り、肌本来のバリア力が増したんだと感じています。一度原点に立ち返っての「石鹸」の活用はいかがでしょうか?